研究スタッフ


市川伸一(いちかわ しんいち)

東京大学:名誉教授、文学博士

帝京大学中学校・高等学校:校長補佐

専門分野:教育心理学

Website: http://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/

 

学習、理解、推論、動機づけといった問題を軸に、認知理論と教育実践をつなぐことがテーマです。個別学習支援、指導法開発、地域教育の活性化などの実践に関わりつつ「教育をつくりながら考える教育心理学」を標榜しています。

 

役職等 学習支援研究機構 理事長 

    文部科学省中央教育審議会教育課程部会 副部会長

所属学会 日本心理学会、日本教育心理学会、日本認知科学会ほか

主著  『考えることの科学』(中公新書,1997)

    『勉強法が変わる本』(岩波ジュニア新書, 2000

    『学ぶ意欲の心理学』(PHP新書, 2001)

    『学力低下論争』(ちくま新書, 2003)

    『学ぶ意欲とスキルを育てる』(小学館, 2004)

    『「教えて考えさせる授業」を創る』(図書文化, 2008

    『勉強法の科学』(岩波書店, 2013)

    『教えて考えさせる算数・数学』(図書文化, 2015)

    『教育心理学の実践べ―ス・アプローチ』(編著、東大出版会, 2019)

    『「教えて考えさせる授業」を創る アドバンス編』(図書文化, 2020

 

 

瀬尾美紀子(せお みきこ)

日本女子大学人間社会学部:教授

博士(教育学)

専門分野:認知心理学、教育心理学

Website: http://researchmap.jp/seo_mikiko/

 

 

役職等:学習支援研究機構 監事

所属学会:日本教育心理学会

 

植阪友理(うえさか ゆり)

博士(教育学)

東京大学高大接続研究開発センター:准教授

東京大学大学院教育学研究科:兼担准教授

専門分野:教授・学習心理学

Website: http://home.att.ne.jp/blue/yuriuesaka/top.html

 

 認知心理学を活かした個別学習相談、授業デザイン、テスト開発などを幅広く行っています。特に、学び方(学習方略)の改善も合わせて行う授業実践のあり方を、心理学的研究として検討するのみならず学校現場と共同しながら開発することに力を入れています。また、海外との共同研究も積極的に行っています。

 

役職等:学習支援研究機構 副理事長

所属学会:日本教育心理学会、日本認知科学会、日本教育工学会ほか

 

小山義徳(おやま よしのり)

博士(教育学)

千葉大学教育学部:准教授

専門分野:教育心理学、英語教育

  

 

  

篠ヶ谷圭太(しのがや けいた)

博士(教育学)

日本大学経済学部:教授

専門分野:教授・学習心理学

 

 

 

認知心理学に基づいて,効果的な学習法や指導法に関する研究を行っており,家庭学習(特に予習)と授業での学習をいかに関連づけるかに興味があります。生徒を対象として学習法に関する講座を実施するだけでなく,教育現場と共同しながら,生徒の学習の質の向上に向けた指導法の開発に当たっています。

 

役職等:学習支援研究機構 理事

所属学会:日本教育心理学会,、日本心理学会、日本教育工学会、ほか

 

主著

Shinogaya, K.  (2019). Effective ways to prepare for deeper learning of history. In Manalo, E. (Ed.), Deeper Learning, Dialogic Learning, and Critical Thinking: Research-Based Strategies for the Classroom. Routledge

篠ヶ谷圭太 (2019). 予習・振り返りの視点.山本博樹(編)『教師のための説明実践の心理学』 ナカニシヤ出版

篠ヶ谷圭太 (2019).  信念と動機づけ.上淵寿・大芦治(編)『新・動機づけ研究の最前線』 北大路書房

篠ヶ谷圭太 (2019).  効果的な予習を実現するためには.市川伸一(編著)『教育心理学の実践ベース・アプローチ』東京大学出版会

Shinogaya, K. (2018).  Motives, beliefs, and perceptions among learners affect preparatory learning strategies.  Journal of Educational

Research, 111(5), 612-619.

篠ヶ谷圭太 (2018) . 関連づけの視点から見た教授・学習研究の動向と展開可能性.(教育心理学年報,2018年)

Shinogaya, K . (2017).  Preparatory learning behaviors for English as a second language learning: the effects of teachers’ teaching behaviors during classroom lessons. In Manalo, E., Uesaka, U., & Chin, C. A. (Eds).  Promoting Spontaneous Use of Learning and Reasoning Strategies. Routledge