研究者のご紹介

市川伸一

(いちかわ しんいち)

東京大学:教授(教育心理学)

学習、理解、推論、動機づけといった問題を軸に、認知理論と教育実践をつなぐことがテーマです。実験や調査による基礎研究と共に、授業改善や社会教育の実践に関わりつつ「教育をつくりながら考える教育心理学」を標榜しています。

自らの「学ぶ経験」「教える経験」を心理学研究として、教育現場と共同した取り組みをすすめています。教育現場に生かせる研究者、学生を求めています。


現職   東京大学大学院教育学研究科・教授 

役職等  文部科学省中央教育審議会教育課程部会 副部会長

所属学会 日本心理学会、日本教育心理学会ほか

主著   『考えることの科学』(中公新書,1997>

     『勉強法が変わる本』(岩波ジュニア新書, 2000

     『「教えて考えさせる授業」を創る」(図書文化、2008

 

Name: Shin’ichi Ichikawa

Qualification: PhD (The University of Tokyo)

Institutional Affiliation: Graduate School of Education The University of Tokyo

Position: Professor

Website: http://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/

Project Role: 

 

瀬尾美紀子

(せお みきこ)

日本女子大学:准教授(認知心理学)

 

 

 

 

 

 


現職:日本女子大学人間社会学部教育学科・准教授

役職等:

所属学会:


 

 

Name: Mikiko Seo

Qualification: PhD (The University of Tokyo)

Institutional Affiliation: Japan Women’s University

Position: Associate Professor

Website: http://researchmap.jp/seo_mikiko/

Project Role: 

 

小山義徳

(おやま よしのり)

千葉大学:助教(認知心理学)

 

 

 

 

 

 

 

Name: Yoshinori Oyama

Qualification: PhD (The University of Tokyo)

Institutional Affiliation: Chiba University

Position: Assistant Professor

Website: http://researchmap.jp/y_oyama

Project Role: 

 

植阪友理

(うえさか ゆり)

東京大学:助教(教授・学習心理学)

認知心理学を活かした個別学習相談、授業デザイン、テスト開発などを幅広く行っています。特に、学び方(学習方略)の改善も合わせて行う授業実践のあり方を、心理学的研究として検討するのみならず学校現場と共同しながら開発することに力を入れています。また、海外との共同研究も積極的に行っています。

 

 

現職:東京大学大学院教育学研究科、助教(教授・学習心理学)

役職等:学習支援研究機構 副代表

所属学会:

 

 

Name: Yuri Uesaka 【Vice-representative

Qualification: PhD (The University of Tokyo) Institutional Affiliation: The University of Tokyo

Position: Assistant Professor

Website: http://home.att.ne.jp/blue/yuriuesaka/top.html

 

Research Interests:I am interested in the development of effective instructional environments for enhancing the quality of student learning, particularly through the promotion of effective learning strategies use. I am engaged in a broad range of educational research studies, from those employing psychological methods to those that are more focused on practical applications in real school settings. I am also actively engaging in international collaborative research.

 

篠ヶ谷圭太

(しのがや けいた)

日本大学:准教授(学習心理学)

 認知心理学に基づいて,効果的な学習法や指導法に関する研究を行っており,家庭学習(特に予習)と授業での学習をいかに関連づけるかに興味があります。生徒を対象として学習法に関する講座を実施するだけでなく,教育現場と共同しながら,生徒の学習の質の向上に向けた指導法の開発に当たっています。


現職:日本大学経済学部・准教授(教授・学習心理学)

役職等:学習支援研究機構 幹事

所属学会:

 

 



Name: Keita Shinogaya

Qualification: PhD (The University of Tokyo)

Institutional Affiliation: Nihon University

Position: Associate Professor

Project Role: Dr Shinogaya’s research theme is effect of preparation on learning at classroom instruction and its process. He is interested in instruction of effective learning strategies and enhancing quality of students’ learning by linking learning at home and learning at school.